毎日コップ1杯の牛乳でカルシウムを摂取して、骨粗鬆症の予防をしよう




牛乳を飲んでいますか?

私は、1リットルの瓶の牛乳をグリーンコープから買っています。この牛乳を1日コップ1杯飲むことにより

カルシウム分を補おうと考えています。

女性の場合、閉経したら、女性ホルモンの低下で骨がもろくなります。

 

骨密度が低下してしまうのです。転倒しただけで骨折してしまうこともあります。

そのためにも、日々牛乳を飲んでカルシウムの貯金をしておきたいと思います。

 

牛乳の効果

〇牛乳200mlで、一日に必要なカルシウムの3分の1を摂取できる。

〇美肌効果がある。

〇ダイエット効果     満腹感を得られる。

〇基礎代謝をあげる。運動した後、コップ一杯の牛乳を飲むと、タンパク質を補給でき、代謝がアップする。

〇体脂肪を減少させます。

〇腸内環境を整えます。

 

カルシウムとは

骨の主要成分は、カルシウムとリンです。カルシウムを摂取すると、骨密度が高くなります。

 

牛乳200mlに、カルシウムは227mg含まれています。これを他で補うとするとししゃもで約3匹分です。

牛乳ならそのまま飲むことができます。

 

小魚は1尾60gにカルシウムが      42mg

かぶは    15gにカルシウムが          38mg含まれています。

手軽に摂取できるのは、牛乳です。

 

カルシウムの吸収率

カルシウムは、その食材により吸収率が変わります。牛乳のカルシウム吸収率は40パーセントです。

これは、魚  33パーセント、野菜19パーセントに比べても高いと言えます。

牛乳は吸収率が高いです。カルシウムは 骨密度を高めます。

日本人はカルシウム不足になりやすい。

日本は火山が多い地形なので土壌が酸性になりやすいです。土壌が酸性だと土の中に含まれるミネラルが減ってしまいます。

欧米に比べると、日本は半分になるそうです。土に含まれるミネラルが少ないと、そこで育つ野菜や水に含まれるミネラルも少なくなります。

ミネラルは、カルシウムの一種です。

骨粗鬆症になりやすい女性は。

女性の場合、閉経すれば骨がもろくなってきます。骨がもろくなれば、倒れただけで骨折することもあります。

 

骨粗鬆症で骨がスカスカになっていることも多いです。

なるべくカルシウムを摂取して予防をはかりたいものです。日々の積み重ねが大切かもしれません。

 

牛乳には寿命を延ばす効果があるカリウムが含まれている

牛乳には、カルシウム以外に、寿命を延ばす効果があるカリウムが含まれています。

牛乳に含まれている栄養素「カリウム」が注目されています。

カリウムは、血圧を下げる効果があります。カリウムはナトリウムを打ち消す作用があります。

 

カリウムの摂取量が多い人ほど、脳卒中になりにくく、長生きをする傾向にあります。

コップ1杯の牛乳なら、毎日続けて飲むことが出来ると思います。自分の体は自分で守りたいものですね。

まずは一日コップ1杯の牛乳を飲むことを始めてみませんか。

 







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!