カテキンが入ったお茶で健康と美容を

お茶




お茶の種類について

私たちが普段飲んでいるお茶にはいろんな種類があります。

お茶は、日本茶、紅茶、ウーロン茶とありますがみんな同じお茶の葉から作られています。

栽培方法や、摘み取る時期、製造工程の違いででそれぞれのお茶になります。

 

これを初めて知ったとき、驚きました。

 

〇緑茶いわゆる日本茶には

日本茶には、玉露、煎茶、白折、抹茶、番茶などがあります。

 

〇緑茶、紅茶、ウーロン茶は発酵しているかどうかの違い。

最初に書いたように、もともとは日本茶もウーロン茶も紅茶も、同じお茶の葉です。

お茶の葉を発酵させることにより、お茶の種類が変わっています。

お茶の葉を発酵させているのか、させていないかの違いです。

 

茶葉には酵素が含まています。その酵素の働きにより収穫後、茶葉は発酵します。

 

日本茶は茶葉を採取した後、熱を加えることにより酵素を活性化しないようにしています。

不発酵茶です。

 

ウーロン茶は、酵素による発酵を途中で止められた半発酵茶。

 

紅茶は、発酵茶です。

 

お茶に含まれるビタミンCは

お茶に含まれるビタミンCは美肌効果があります。特に、煎茶が含有率が高いです。

お肌の敵、シミそばかすの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐ効果があります。

 

カテキンはお茶の中に含まれる成分

ポリフェノールの一種です。主にお茶の苦味成分です。ポリフェノールは抗酸化作用があります。ワインが有名ですね。

 

カテキンの効果は、健康のもと

〇活性酸素による老化を防ぐ抗酸化作用活性酵素は体内の細胞を酸化させ、老化や病気の原因になります。

抗酸化作用とは、活性酸素を除去する働きをします。

 

〇抗菌作用

食中毒菌やピロリ菌の増殖も抑えることが出来ます。インフルエンザが流行する時は抗菌作用があるのでお茶でうがいをすることもあります。

 

〇抗がん作用

がん細胞の増殖を抑える作用があります。

 

〇コレステロールを下げます。

カテキンは、食事中のコレステロールの摂取を抑え排出を促す働きがあります。



たくさん飲んでも、大丈夫

暑いから、つい炭酸飲料に手を出しますが、炭酸飲料にはたくさんの砂糖が入っています。糖分の取りすぎは、糖尿病にも繋がります。結構、糖尿病にかかる方は増えてきています。お茶の場合はたくさん飲んでも、害にはなりません。体に良くないものが入っていないからです。

 

お茶を入れる温度

お茶によって、お湯の温度が変わります。煎茶は、80度から100度のお湯を入れます。高温のお湯を入れます。玉露は、低温のお湯を入れます。60度くらいです。

 

お茶を蒸らす時間

お湯を入れて茶葉を蒸らす時間は煎茶は20~30秒、玉露は120~150秒です。

 

一番のお勧めは

抹茶入り玄米茶を氷を入れたグラスに注いで飲みます。これが、美味しいんです。お勧めです。

 

 

暑い夏には

氷を入れたコップに、煎茶を注いでアイスティにするとおいしいです。グラスに注げば見た目も涼しくなります。このお茶の緑色が、爽やかな感じがします。涼しい部屋では、あつあつの煎茶を飲んでもおいしいです。

 

水分補給をお茶でしては、いかがですか?健康にもなりますよ。

 







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!