夜中に 足がつる原因と その対処法



 夜中に足がつる

寝ている時に足がつり起きたことはないですか?私はたまにそうなることがあります。

夜中に寝ていて、急に足がつり、起き上がります。俗に言われる「こむら返り」というものですね。

「こむら」とはふくらはぎのことです。 ふくらはぎや、足の指や足の裏がつることが多いようです。

その原因と対処法について書いていきたいと思います。

 

足がつる原因は

ふくらはぎの筋肉が異常に収縮しているのです。原因としては、冷えやミネラル不足運動不足、筋肉の疲労などがあげられます。

また、中年以降は、若いときより運動量が少なくなっているために、筋肉の量が減少し、筋肉内の血行が低下し、乳酸などの疲労物質が排出づらくなり、末梢神経の興奮が抑えづらくなり、筋肉の細胞が暴走しやすくなっていると考えられています。

だから、中年以降は、夜中に足がつることが多くなるようです。

いるか。

夜中に足がつって泣いたことも多々あります。

対策としては

〇日頃から、適度に運動を行う。また、運動後にはストレッチをしておく。

 

〇つったところを体の方へ向ける。

 

〇水分やミネラル分を補給する。(これは、足がつった時の対応策でもあります。)

昔の人は、枕元に水を置いていました。今、おもえば、足がつった時のためかなあと思いました。

よく考えてあると思います。カルシウムは神経の興奮性を抑える作用があります。

マグネシウムが不足すれば筋肉のけいれんを引き起こす可能性があります。

ミネラル分も補給するには、スポーツドリンクを飲むといいですね。

まとめ

いるか。

私もよく夜中に足がつることがおおいのですが、水を飲むだけで、治ります。

足がつった時は、慌てずに、対応したいものです。

ただ、足がつる回数が多いときは、なんらかの病気も考えられるので、病院で診察を受けられることをお勧めします。

念のために診察しておけば、安心ですよね。







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!